ライポソニックス

ライポソニックス 完全ガイド

ライポソニックスの副作用


ライポソニックスは、皮膚の下にある組織部分が出血を起こしてしまうという副作用が見られることがあります。   しかし、その組織部分の出血は、時間が経つことで徐々に消えて行くでしょう。   こうした内部での出血に関しては、起こってしまったらすぐに(24時間以内)冷やすという処置が有効です。   また、短期的ではありますが赤みが出ることもありますし、腫れが生じることもあります。   いつまでも残るものではないので、さほど心配はいらないでしょう。   それ以外ですと、副作用というのはライポソニックスでは認められませんので、安全があると考えられます。   湘南美容外科クリニックではライポソニックスの施術を受けることができますので、副作用の点を把握した上で施術を受けるというのも手段の一つです。   湘南美容外科クリニック

 

タグ :    

ライポソニックスの副作用・デメリット

ライポソニックスのデメリット


ライポソニックスのデメリットは、2.5センチ以上の脂肪がない部位や、そもそも皮下脂肪のない方には施術を行うことができないということです。   ある程度脂肪の厚さを必要とする施術だということです。   また、ライポソニックスで施術を行っている際には多少痛みを感じるというデメリットもあります。   痛いのは避けたいという方であれば、機器のパワーを下げてその分施術部位に照射する回数を増やすという対応をすることがありますので、スタッフに相談しましょう。   さらに、ライポソニックスの施術自体は1回のみとなっていますが、効果が現れるには多少時間を要します。   じわじわと効いてくるということです。   以上のデメリットも念頭に置きながら、湘南美容外科クリニックのライポソニックスを受けると、部分痩せを叶えることができるかもしれません。   湘南美容外科クリニック

 

タグ :    

ライポソニックスの副作用・デメリット